新刊 ラ・ヴィアン・ローズ

復刻版で発売されます。よろしくお願いします。 o(_ _)oペコッ

スタンレー・ホークの事件簿

51pd36cb1yl__sl500_aa300_


スタンレーの最終巻です。
 ノベルス時に『採集家-コレクター-』のタイトルだった4巻目の後半と、アンソロジー『薔薇とピストル』に書き下ろした、『呪いの骨』を収録し、神仏による懲らしめの罰という意味の『冥罰(めいばつ)』というタイトルになりました。副題の『リトリビューション』も報いなどの意味があるそうです。
 内容は、15年前のノベルスを基に、加筆と修正を加えました。

 

 『呪いの骨』は、2002年に、アンソロジー『薔薇とピストル』(特集は探偵)に、書いた短編小説。
 依頼は、スタンレーシリーズで、テーマは探偵。
 書いているうちに、例によって長くなってしまったため、解決しないまま終わってしまいましたが、ロスフィールドがやる気満々のため、早晩、犯人は挙げられ、なんらかのお仕置きを受けそうです。が、この『呪いの骨』を書いたことで、眼には眼を歯には歯を…という復讐をテーマにしたものをもっと書きたくなった私は、同年10月に、『背徳の聖者たち』という同害報復をテーマにした小説を書く動機になりました。

 

 スタンレー・ホークの事件簿は、最初の執筆時から時間も経ったので、当時の勢いを削がないようにと思いながらも、かなり書き直しました。
 現在の新たな物語として、またお愉しみいただければ…と願っております
。 

スタンレー・ホークの事件簿 3 二重自我

1997年に芳文社から刊行になったスタンレーの3巻と、4巻の冒頭部分を文庫化。

 過去の本の文庫化なのですが、15年も経っていたりしますと、直さなければならないところ、直したいところが山のようにありまして、衝動に突き動かされていた当時の自分が懐かしいやら恥ずかしいやら…。
 当時の勢いを削がないように気をつけながらも、現在に近づけるよう、大幅に加筆修正しました。
 また、この何年間かの間に、使用できなくなった言葉が沢山あって、ちょっと改めて驚きましたが、読み比べていただければ幸いです。
 よろしくお願いします。

クリームな僕

137億年の物語

コミックス 仮面

スタンレー・ホークの事件簿1 仮面-ペルソナ-

コミックスが発売になります。

どうぞよろしくお願いします。

葛藤 スタンレー・ホークの事件簿2

11月25日発売です。

どうぞよろしくお願いします。

葛藤‐‐アンビヴァレンツ (スタンレー・ホークの事件簿II) Book 葛藤‐‐アンビヴァレンツ (スタンレー・ホークの事件簿II)

著者:山藍 紫姫子
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

どうも、私はここで巧みに画像をアップできないようです。縮小が上手く出来ないのかも…。ごめんさない、情けないです。

更に詳しいことなど、http://ameblo.jp/shikiko-yamaai/にありますので、こちらの方もよろしくお願いします。

長恨歌が復刻します。

0015_2 0014

(↑コアマガジン刊の長恨歌。挿絵は麗しのみなみ恵夢先生です!)

1992年に自費出版、1994年白 夜書房から、そして1999年にコアマガジンから出版された『長恨歌』が文庫で復活します。

白泉社の花丸ブラック文庫です。

挿絵は、官能的な水上シン先生です。

9月21日頃発売の予定です。

加筆修正が終わりました。

どうか、また彼らをよろしくお願いします。

長恨歌 上之巻 蛇性の婬 (白泉社花丸文庫BLACK) Book 長恨歌 上之巻 蛇性の婬 (白泉社花丸文庫BLACK)

著者:山藍 紫姫子
販売元:白泉社
発売日:2011/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

長恨歌 下之巻 青蛾 (白泉社花丸文庫BLACK) Book 長恨歌 下之巻 青蛾 (白泉社花丸文庫BLACK)

著者:山藍 紫姫子
販売元:白泉社
発売日:2011/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新刊 スタンレー・ホークの事件簿1 仮面 -ペルソナ-

スタンレー・ホークの事件簿 I 仮面‐‐ペルソナ Book スタンレー・ホークの事件簿 I 仮面‐‐ペルソナ

著者:山藍 紫姫子
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

加筆修正を加え、さらに『ウロボロス』(小説JUNE100号記念号)を収録し文庫化!

よろしくお願いします。

お見舞い申し上げます。

東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

また、私のこともご心配下さり、ありがとうございました。

東北地方太平洋沖地震に関しましては、こちらは大きな被害はありませんでしたが、12日早朝に立て続けに起こった新潟県中越地方を震源とする地震と、長野県北部を震源とする地震では、間に挟まれている地域でもあり、かなりの揺れがありました。

特に長野県北部地方の地震は近いため、不安になっております。

それ以外は今のところ平常で、ときおり電話が繋がりづらいくらいですので、節電のヤシマ作戦を決行中でございます。

今月は新刊の発売が予定されており、メンバーズの皆様へはご案内をお送りしたいと思っておりましたが、今しばらくのご猶予を頂戴したく、お願い申し上げます。

地震、津波、先の火山噴火など、被害を受けられた皆様、また今は一応平静な地域の皆様も、まだ油断できない状況だと思いますが、どうか御身大切に。
大変な時期に、お気遣い下さいましてありがとうございました。
                                                            

«3月18日発売新刊

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ